トラベルバブルに注目!  アフターコロナで生まれる新しい生活、 新しい趣味、新しい取り組みとは

こんにちは。PRATER 編集長の森永泰恵です。

「データで世界の人々を可視化する」ことをコアコンピタンスに掲げ、ソーシャルメディアデータを軸とした多言語データ解析事業をおこなっている、ソリッドインテリジェンス株式会社・代表取締役の丸野 敬氏によるオンラインセミナーに参加しました。今日は、そちらについてお話していこうと思います。

【Pinterestに新たな機能】写真から検索してお買い物ができる!?

テーマ「海外から学ぶ コロナ後の経済再開に向けた人々の暮らしや働き方とは」

トラベルバブルに注目!  アフターコロナで生まれる新しい生活、 新しい趣味、新しい取り組みとは

コロナ禍で生活者のソーシャルメディア接触時間が増え、膨大な量の「個」の情報がソーシャルメディアに投稿され続けています。とはいえ、日本の1日あたりの平均インターネット使用時間は4時間22分で、世界平均の6時間43分と比べて少ない状況です。また、ソーシャルメディアについても、日本の1日あたりの利用時間は45分で、世界平均の2時間24分と比べて大幅に少ないのです。今後、グローバルにおけるソーシャルメディアの情報需要はさらに上がると考えられます。

美容室に来るお客様の中で、リモートワークを導入したという方も多いと思います。イギリスやアメリカ、オーストラリアなどの世界各国においてもソーシャルメディアにおいて「リモートワーク」関連の話題が3月初旬から急増しています。中には在宅ワークのヒントとして「ポモドーロテクニック」という、“25分仕事をしたら5分休む”という時間管理術を投稿しているケースもありました。

「ニューノーマル」で勝ち抜く待ちの戦略ではない、攻めの戦略

アフターコロナはどうなるのか?

トラベルバブルに注目!  アフターコロナで生まれる新しい生活、 新しい趣味、新しい取り組みとは

  • 生活の変化(新しいルール)「6時まではお酒禁止」「普段家に帰ってくる時間まではゲームをしてはいけない」、その他買い物や掃除のルールなども新たに作り、守ろうという動きが出始めています
  • 生活の変化(新しい趣味)マスク作りをした、という方もいると思いますが、そのほか、トイレアートをしたとか、在宅ならではの趣味がソーシャルメディア上に数多く投稿されています
  • 「トラベルバブル」の取り組み国際旅行再開のために、コントロールできている国や地域同士を限定で行き来できるようにするためのアプローチ。現在、ニュージーランドとオーストラリアが協議中で、バルト三国ではすでに導入済。

今回のコロナ禍では、日本の“家では靴を脱ぐ習慣”について多くの投稿が確認できました。清潔を保つための習慣に新たな商機が生まれそうな予感です。

新しい生活、リモートワーク、清潔な生活。コロナ禍によっていろいろな変革が起きています。美容師の仕事そのものをリモートでやるわけにはいきませんが、家でのケアやスタイリングについてリモートで美容師がお客様にアプローチするなど、美容師とお客様がサロン以外でも関わる機会が増えるかもしれませんね。

prater

こんにちは。PRATER 編集長の森永泰恵です。 新型コロナウイルスの影響で、臨時休業を余儀なくされているサロンも多いと…

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

トラベルバブルに注目!  アフターコロナで生まれる新しい生活、 新しい趣味、新しい取り組みとは
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。