テレビ世代とSNS世代での情報の取り方の違い

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。

COJIIWATA.COM

大阪 今里【ヘアトレンザ】梅田・東京 銀座【EMANON】で働く美容師イワタコウジの美容情報特化メディア…

最近テレビを見なくなり情報はSNSで取るという人が増えてきています。

そうなると何が違ってくるのかというと【欲しい情報のみを取れる】ようになります。テレビから情報を取る場合は、こちらの好み関係なしにピックアップされた情報が出て時間によって流れるのと違い、SNSでは自分が興味ないことについては見ないですし、情報は入らなくなります。

ここが凄く実は重要です。そうなると読んでみたい、みたい情報を流すようにしないとダメなんです。例えば辛いニュース、人を批判したようなニュース、このようなニュースとポジティブなニュース、人を褒めてるようなニュース。

どちらがみたくなりますか? 多分後者だと思います。今回、コロナ関連が続き、良いニュースでないものが世の中に溢れました。そうなるともうあまりみたくないという人が増えてきました。どうせなら明るいニュースを見たい。

このような心理になります。美容師の出す情報とかでもたまにネガティブなものを見ます。テレビで情報を取る世代にはそれでもいいのですが、今はSNSで情報を取る時代です。

何か発信をしている方は少し気をつけてもいいかもしれませんね。

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 先日、自分のメディアにこんな記事を書いてます。…

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 いよいよ7月に突入です。上半期も終わりを迎えて…

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。