耐えることは今すぐ止めるべき

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。

COJIIWATA.COM

【美容まとめメディア】 大阪市 今里・玉造 美容室【HAIR トレンザINTERNATIOAL】イワタコウジの個人メディ…

最近よくお客様に話していることがあります。

これは、普段お客様には話さない内容なのですが、現状のコロナの影響もあり、僕の担当するお客様へのお話はビジネスの話が多く、生活を豊かに変えることをお話しさせてもらっています。

これは、気持ちを変えてリフレッシュするには、髪の毛だけでは今はダメで、生活を豊かにする必要があると感じているからです。

そこで絶対に話しているのが【耐えるのは止めましょう】ということです。

耐えることの限界

現在、ほとんどの方が何かから【耐えよう】としています。

これはテレビなどみても【今は耐える時です】と、このように言ってるので仕方ないのですが、人間耐えると思ってできるのは、せいぜい1週間です。

これ以降は、やはりキツくなり耐えられなくなります。現在でいうと、緊急自体宣言が伸び、もう厳しくなっています。でも、これは考え方で変わります。

新しいことをする

例えば、耐えるではなくて【毎日今なら何ができるのか新しいことにチャレンジしてください】。

このように思うと気持ちはかなり変わります。ここで大事なのは、今できることで探すことです。新しいことを無理矢理すると、経費を使ってしまったり色々と大変ですが、今できることで考えると、ある物でやるので金銭的にはあまり無理がかかりません。

結果的に耐えているときと変わらない経済状況で新しい何かを探して、行動を起こせるようになります。そうなると、耐えていた日より毎日の経過は早いですし、もしかすると思わない結果を見出すかもしれません。

耐えることを止めて、何が今できるか、それを是非考えてみてください。そんなに今辛く感じなくなるようになるかもしれまんよ。

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。