在宅勤務で雑談が減るのはデメリット? 効率化と引き換えになる「知の分業」

PRATER編集部です。

新型コロナウイルス感染拡大がもたらしたパラダイムシフト。ある種の常識が覆された今、何が正解で何が不正解という線引きは難しくなっています。

組織で仕事をしていて、仕事中の雑談というのはタイムロスと考える人は少なくありません。それが、在宅勤務にシフトし、雑談がなくなったとき、寂しいという感情はもちろんのこと、ある気づきがありました。

それは、雑談は無駄のように思われていたことが、実はそれぞれの「知」を共有していたこと。早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授の入山先生が音声配信でも語られています。

ぜひご覧ください。

これからの世の中は複雑で変化も早く「完全な正解」がない時代。コロナウイルスがもたらしたパラダイムシフトによって不確実性…

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

在宅勤務で雑談が減るのはデメリット? 効率化と引き換えになる「知の分業」
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。