【聞いてみた】オーストラリア在住美容師に聞くワーキングホリデー制度

こんにちは、世界を飛び回る海外美容師、筒井です。

今日は、海外に行きたい美容師から人気のあるオーストラリアのワーキングホリデー制度についてオーストラリア在住美容師 早田さんに聞いてみました。

オーストラリア在住美容師、早田さんのプロフィールはこちらの記事をご覧ください。

prater

こんにちは、世界を飛び回る海外美容師、筒井です。 今日はオーストラリアのコロナ事情について、オーストラリア在住日本人美容…

行きたい国があるなら調べてみて!

こんにちは! オーストラリア在住美容師の早田です。よろしくお願いします。海外でもし、行きたい国、働いてみたい国があるなら、1度ワーキングホリデーの制度があるか調べてみてください。もしあったなら、ラッキー! この制度を利用すれば、1年ないしは2年、3年その国に働きながら滞在することができます。

オーストラリアも、そのWH(ワーキングホリデー)の制度のある国です。しかも、ある一定のノルマをこなせば、計3年も滞在することができます。現地に着いたら、今までの自分を捨てる覚悟で色々チャレンジしてみてください。日本での自分と比べる必要はありません。

オーストラリアという多国籍文化の国で生き残り、楽しんでいけるのかどうかは自分次第。もちろん自分の良いところや日本のアイデンティティは残しても構いません。

WH(ワーキングホリデー)で美容室で働く方法

  1. お金を払い斡旋会社に全てを手配してもらう
  2. とりあえず渡航し自分で探す

斡旋会社に全て手配してもらう

お金を払い斡旋会社にお願いする場合は、基本的には流れに身を任せて、必要な書類に記入したり準備する物や、色々と段取りをすれば、働くことは可能です。しかし、なかには悪徳業者もいて、言っていたことと違う等のトラブルが発生しているケースも多々あるので、見極めが大切です。

とりあえず渡航し、自分で探す

このパターンの人は、ガッツがあるので海外に長く滞在するケースが多いです。まず、何軒ものサロンにレジュメという、いわゆる履歴書をもっていき、どんどんアタックしてみてください。電話でも直接たずねてみてもいいと思います。斡旋会社に渡すお金が必要がないので、お金の面でのハードルは下がります。ガッツで乗り切るタイプの人にはオススメです。

働くところが決まったらどうすればいい?

サロンで働くことが決まったら、まずは英語力のアップを常に意識して毎日勉強してください。これは、机でする勉強というよりは、友達を作ったり、しゃべったり、メールをしたり(もちろん英語で)といったことです。友達を作るために、シェアハウスに住んだり、語学学校に行ったり、ホームステイをする人もいるみたいです。あとはパブに行って呑み友達を作ったりしてもいいかもしれません。

とにかく、英語とその環境に慣れること。これが現地に溶け込んでいく条件の1つだと思います。

仕事が安定していけば、生活に困ることはまずないと思います。オーストラリアは物価が高いといわれていますが、ほとんどの方が自炊したりしているので、日本とさほど変わらないかたちで生活できると思います。

オーストラリアのワーキングホリデーについて

オーストラリアのWH(ワーキングホリデー)制度は最長で3年です。1年目のビザ時に約3ヶ月の農業仕事をすること。これはオーストラリアでの農業の働き手を確保するための策だそうです。そうすれば、2年目のビザの申請ができます。そして2年目のときには、約半年の農業をすると、3年目のビザへの申請の権利がもらえるそうです。

ただし、このビザは31歳の誕生日までに適用される制度なので、悩んでる方、年齢がギリギリの方は早めに挑戦してみてください。30歳ギリギリでWH(ワーキングホリデー)にしている人のことを現地では、ギリホリなんていう言葉がありますが(笑)

今までに経験したことないことがたくさん学べると思います。ポジティブに捉えるのも、ネガティブに捉えるのも自分次第。

人生1度きりなのだから、是非楽しんでみてください。

 

早田さんありがとうございました。

私の周りには、海外美容室で働く美容師の知り合いが何十人といますが、オーストラリアで働く美容師のほぼ全てが、最初はワーキングホリデーを利用し美容師をしています。時間に制限はありますが、オーストラリアを希望する方は是非トライしてみて下さいね。

【参考】

オーストラリア在住美容師 早田さんのインスタグラムはこちら

世界を飛び回る海外美容師筒井のインスタグラムはこちら

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。