5Gの欠点から見る今後の戦い方

5Gの欠点から見る今後の戦い方

こんにちはPRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。

COJIIWATA.COM

大阪 今里【ヘアトレンザ】梅田・東京 銀座【EMANON】で働く美容師イワタコウジの美容情報特化メディア…

今回は少し考え方を変えると言う話をしたいと思います。

僕は1回目の記事に書いてますが

関連記事

最弱美容師の勝ち方 こんにちは。 PRATER でゼネラルディレクターをさせてもらっているイワタコウジです。 PRATERでは今後色々な角度から捉えた美容情報を様々な専門分野のライターが記事として執筆していきます。 僕自[…]

最弱らしい、なるべく人のいない所を探して戦います。

そんな僕が現在狙い目だと考えているのは
5Gの欠点です。

今色々なキャリアが5Gに乗り出しています。

元々5Gというのは通信速度のことで今現在使われているのが4Gです。

その前は3Gなどもあり丁度日本でiPhoneが、流行出した時にiPhone3Gとかあったと思います。


IT MEDIAより

あの時の速度が3Gになります。

これより古いガラケーとかは2Gだったりするのでかなり通信速度が早くなってきたのが分かります。

ではそんな5Gですが何ができるかと言うと動画コンテンツが2秒くらいでダウンロードできたり通信速度が早くなるせいで車の自動運転なども事故なく行けたり、遠隔で手術などができるようになると言われてます。

まさに生活が一変してしまうかもしれないサービスです。

このような予想もあり今後動画コンテンツが今まで以上に外でも見やすくなり伸びると言われます。

最近だと芸能人、そして美容師にもYouTubeを開設する方も増えてきているので皆さんも気になっているのではないでしょうか?

僕もこちらのPRATERではYouTubeもさせてもらうつもりですが、あまりにもYouTubeはライバルが今は多いので僕は違う方向を見ています。

5Gの欠点から見る違う方向

では何処を見ているかですが、その前に現状僕が感じている5Gの欠点について話します。
1つ目は

  • 思った以上に基地局がない。

5Gの電波は4Gなどと比べて長距離はカバーできません。
そして4Gの電波を利用も出来ません。
(正確には利用出来るのですが、本来の5Gの速度は出ません)
そして先ずは東京、大阪から始めるとという事もあり全国に普及するのは2025年ぐらいになるかと言われています。
2つ目は

  • 価格が高い

価格の問題です。現状の局地的な基地局しか無いにしては価格が高いんです。

それの対策として各キャリア期間限定の値下げはしています。

ぱっと見は安く感じられるのですが期間が過ぎると価格が上がるのでそれなら4Gのままというユーザーも多いのではないかと思います。

そうなると今もYouTubeは視聴者が増えていますが、一気にユーザーが増えるというより緩やかに今のまま増えていくのかなと感じてます。

そうなるの今のYouTubeを始めている人数に対して勝てる見込みが減ります。

現状のInstagramのように一部の人になる可能性が高く、僕みたいな最弱な美容師には厳しくなります。

狙うなら音声ツール

そこで僕が今狙うならと考えているのは音声ツールです。
これは単純に動画より通信が重たくないので現状の通信環境でも直ぐに聴ける。

そしてもつ一つ去年Appleでの一番の発明品かと言われたAir Pod Pro


こちらの商品はノイズキャンセルがつきより音楽等を外でも没頭出来るようになりました。

これにより聴くと言うのは前より
プライベートな空間になり集中して聴けます。

その結果音は新しい可能性が出てきてます。

例えば何かを勉強したい時に音声さえあれば勉強ができます。

アプリで言えばVoicy

そしてSpotifyだったりiTunesのPodcast

このような物は今は凄く勉強になるチャンネルも多くなってきています。

そして動画編集と違い時間もかからないと言う特徴もあるので、僕みたいに色々なことをチャレンジしたい美容師、忙しい美容師には良いかと思っています。

僕もその考えと今後PRATER でのインタビュー用にPodcastを始めて配信しています。

このように何か流行りそう、又は流行っている時には少し違う観点から見て、そこで勝てる見込みがあるのか、問題点はないのかを考えて周りと違う行動をしてみるのも良いのかもしれません。

是非色々と考えてみてください。

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。