発信をする美容師になった理由

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。

COJIIWATA.COM

大阪 今里【ヘアトレンザ】梅田・東京 銀座【EMANON】で働く美容師イワタコウジの美容情報特化メディア…

僕は、発信をする美容師なのですが、今回はその理由、メリットについて少し話そうかと思います。

発信をすることで得られる利益、そしてやり方など悔しいことはオンラインサロンRoutineなどでお話をしているので、そこではなく、やるきっかけになったお話です。

DMM オンラインサロン - 学べる 楽しめる 会員制コミュニティ

沢山のオンラインサロンがあるなか、そこで学んだことをいかに発信に繋げれるか、 は今後とても重要なスキルだと思います。 そ…

CSに必要なのは「すぐに返事があること」! Facebook Messenger新たな機能を追加

なぜ発信をするのか

元々は僕は発信をしていない美容師でした。所謂、普通の美容師です。場所もど真ん中で働いてなく、どこにでもいる美容師です。そしてお客様は来ていただける方に合わせて働いていました。

お客様の年齢、ジャンルなどは幅広く色々と来ていただけていましたし、普通に美容師として生活もできていました。そうなると発信はしなくても実は全く問題がないんです。普通に生活できるのですから。ただ1つ不安はありました。

それは【何才までできるのか】。

これは当初思っていたのは、若いときは客層も若く新規の方も多くできる可能性が高い。しかし、歳を重ねるとこの環境は変わってしまう可は可能性がある。そうなると固定客のみになり、今以上の売り上げを上げるためには何かしないとダメになる。

もしサラリーマンなら年齢と共に給料は多少上がるのかもしれませんが、美容師はそれだけではだめです。そしてもう1つ考えたのは【若いときほど体力はなくなるのでガムシャラに働き、全員に合わせるのはキツくなる】。

これです。若いときは体力もあり、それが永遠にできると感じます。しかしそういうことは絶対ありません。どんどんパフォーマンスは下がります。それがわかっていて同じ働き方をすることへの不安。そこからの脱却で、僕は発信することを選びました。

ヒューマンリソースマネジメントのプロが語る美容室の事業設計について【その7】顧客-2

発信から得られたこと

発信から得られたことですが、ますば僕のことを知っているお客様の来店が増えました。これは大きく、「全く知らない」「偶然来た」というより、知っていて来てくれる方が大半です。

これがあると接客のやりやすさも違います。たまに全く知らないでたまたま来て、僕でなくても良いと思うお客様に関しては、今は断る場合も出てきています。これはそれぞれ最初から知っている、そうでないかで違うので僕は全てのお客様をするというのは辞めています。

そしてもう1つこれに関連していうと、自分の時間で働いています。これはお客様の時間に合わせているというより、僕は自分の予定にある程度合わせてもらいます。例えば仕事で東京にいてる、または別店舗でお客様を施術しているなど。

全く移動ができないでお客様が来るのをひたすら待っているというのではなく、僕の予定に合わせていただける方がほとんどです。これができたら身体の不調、体力の低下で仕事がシンドくなることは無くなってきました。

ここだけ聞くと自分勝手で集客として大丈夫なのか、またはお客様から見捨てられないのかと思うかもしれませんが、もちろん全員がついては来ないですが、それこそ普通に食べられています。

もちろんこれには発信だったりのやり方はありますが、発信することで得たメリットはかなり大きかったと思います。発信のやり方を間違えるとそこまでメリットはないので、これはあくまで僕のやり方なので発信をしないとだめというわけではありません。

しないでも大丈夫な方はたくさんおられます。ただ、1つ絶対に【何年先まで仕事をするのか】【歳を重ねた時にどのように生きていくのか】。これは考えておくべきかと思います。

人はいつまでも若くはありません。

5年後、貴方はどのように生きていますか?参考にどうぞ。

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 先日、美容師さんにある話をしました。それは、オ…

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 コロナの自粛期間が終わり、お客様の予約が増えて…

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

グーグルマップに新機能!? コロナ対策で駅の混雑状況等表示へ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。