これからサロンに必要な人材は〇〇がわかる人

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。

COJIIWATA.COM

大阪 今里【ヘアトレンザ】梅田・東京 銀座【EMANON】で働く美容師イワタコウジの美容情報特化メディア…

ここ何年か仕事をしていて感じている変化があります。それは何かというと計画性、マーケティングの重要性です。

何当たり前のことを言っているんだと思うかもしれませんが、意外と僕は美容師という仕事で計画性がある人、またはマーケティングの勉強している人は以前は極端に少ないイメージがありました。

これは美容師という職業が技術職で、ある程度感性だったり感覚を大事にしている人が多いのでなんとなく今はこれが良い、自分はこうしたいし、お客様も求めているから……このような形で仕事をしている人が多かったかと思います。

これはカリスマと言われていた頃だったり、1人の人気美容師が脚光を浴びていた時代は特にそうでした。しかし今の美容業界は1人の人気者が大事なのではなく、組織としての強さ、より敏腕なオーナーがいる美容室が良いというイメージに変わっています。

つまり感覚で生きていけた時代ではすでにないということになります。

【2020年】秋コスメは「深み」カラーで旬顔に

「感覚派」と「計画派」の違い

特に感覚派ではなく計画派のほうがこれからは良いとわかったのが、今年のコロナでのサロンワークの変化です。今回サロンでも影響を受けたサロン、あまり影響を受けないで済んだサロンと2つに分かれました。

この差ですが、何かというと何事が起こっても対処できるように計画をたてていたか、準備をしてこなかったかの差です。僕個人は普段からサロンワークを直接しないでもお客様に提供できるサービスは構築しておりましたし、マーケティングを常に考えております。

ですので、コロナでの影響は比較的少なく済んでいました。これがもし、今まで考えてなかったら……現場のみで考えていたらた思うと怖い気もします。何事も対応できるようにするには普段からの計画、そしてマーケティングが本当に大事なのです。

美容業界は一般企業と比べるとここが特に弱いイメージなので、今後はより真剣に取り組む必要がありますし、各サロンにマーケティングがわかるスタッフを技術者とは別で雇う時代が来るかと思います。

計画できる人間、マーケティングがわかる人間はこれからは必須ですよ。

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 今年はSNSなどの発信力により、芸能関係など不…

prater

こんにちは、PRATER エグゼクティブディレクターのイワタコウジです。 僕は、仕事をビジネスとして考えるタイプなのです…

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!
編集部へのお問い合わせもこちらから。

友だち追加

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

LINE登録

PRATER更新情報、その他お知らせをいち早く!編集部へのお問い合わせはこちらから。